事業情報

杭工事

既製コンクリート杭、鋼管杭、場所打ち杭、地盤改良杭の施工
既製コンクリート杭工事

プレボーリング(外堀)工法
オーガまたはロッドなどの掘削装置で所定深度まで掘削後、その掘削孔に杭を建て込み挿入する工法です。

Hyperストレート工法      カタログはこちらからHyperストレート工法
HI-BEX工法          カタログはこちらからHI-BEX工法
Hyper-MEGA工法(承認販売店)カタログはこちらからHyper-MEGA工法
FP-BESTEX工法(技術提携)   カタログはこちらからFP-BESTEX工法
SPHC杭             カタログはこちらからSPHC杭
その他 各種工法        お問い合わせください
中堀工法

中堀工法
既製杭や鋼管杭などの杭体中空部にオーガーを建て込み、杭先端部の地盤を掘削しながら所定の深さまで杭を貫入していく工法です。
この工法には、支持力発現のために最終的には杭を打撃して固定する方法と、根固め液をオーガー先端より噴射して拡大球根を形成することにより固定させる方法があり、中空部を有するコンクリート杭や鋼管杭に適用されます。
支持力が大きく、低振動・低騒音のうえ、排土も少ない。そのため建設公害を必要最低限にとどめることができます。また、掘削安定液を使用せず施工能率が良いため、経済性にも優れています。
鋼管杭工事

G-ECS工法(承認販売店)
多様な地盤で最大級の支持力係数を発揮する鋼管杭工法です
環境に優しく、しかも狭小地や狭搬入路での施工も可能。
シンプルな杭デザインや施工機の小型化によって、製造・施工のコストダウンも実現。
G-ECS工法           カタログはこちらからG-ECS工法

その他 各種工法 お問い合わせください
場所打ち杭工事

アースドリル工法
ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納された土砂を地上に排土する方法で掘削を行う。
孔壁は、表層部では表層ケーシングを用い、それ以深は安定液で保護する。
掘削完了後、所定の形状に制作された鉄筋かごを孔内に建て込み、トレミー管でコンクリートを打ち込むことにより杭を築造する工法。

全旋回工法
ケーシングチューブを掘削孔全長にわたり揺動(回転)・押込みながらケーシングチューブ内の土砂をハンマーグラブにて掘削・排土することで掘削し、所定の深さの地盤に達したら孔底処理を行い、鉄筋かごを建て込み後、トレミー管によりコンクリートを打ち込み、コンクリート打ち込みに伴いケーシングチューブおよびトレミー管を引抜き回収を行う工法。

その他 各種工法 お問い合わせください

山留工事

H鋼杭・シートパイル・連続地中壁の施工
山留工事
H鋼工事
バイブロハンマ打設工法
主にクレーンをベースマシーンとし、バイブロハンマを吊り下げ、長身力を利用し鋼矢板を打設・引抜きする工法です。

埋込杭工法(プレボーリング工法)
アースオーガなどにより、あらかじめ杭容積にほぼ等しい孔をあけた後、H鋼杭を挿入設置する工法です。

シートパイル工事
バイブロハンマ打設工法
主にクレーンをベースマシーンとし、バイブロハンマを吊り下げ、長身力を利用し鋼矢板を打設・引抜きする工法です。

サイレントパイラー工法
既に地中に押し込まれた杭(鋼矢板)を数本つかみ、その引抜抵抗力を反力にして油圧による静荷重で次の杭を押し込んでいく工法です。
また、騒音や振動といった建設公害が発生せず圧入機自体が完成杭上を自走する機能を持ち、省スペースで合理的な施工ができます。

連続壁(SMW)工事
SMWとは、土(Soil)とセメントスラリーを原位置で混合・撹拌(Mixing)し、地中に造成する壁体(Wall)の略称です。
SMW工法とは専用に開発された多軸混錬オーガー機で現地盤を削孔し、その先端よりセメントスラリーを吐出して1エレメントの削孔混錬を行いソイルセメントの壁体を造ります。連続一体のソイルセメント連続壁とするためエレメント端の軸孔を次エレメントにラップさせて造成(両端孔の完全ラップ)していきます。

ロックオーガー工事

高度地盤・地中転石・地中基礎・スラブ破壊の施工
ロックオーガー工事
地中障害撤去工事/既存杭破砕工事
三点式杭打機フロントにダブルオーガーを搭載し、ケーシングとスクリューによって新設構造物築造の障害となる既存構造物を破砕する工法です。
ケーシング先端に超鋼ビットを装着し、地中障害物の外周部を切削します。内部のスクリューヘッドはケーシング内部に残るコア状の障害物を破砕し、後工程となる山留杭や新設杭の施工を可能にします

既製杭引抜き工事
既存杭引抜き工事は、オーガーにケーシングを取り付けケーシング外部のパイプから水または掘削液を注入しながら既存杭外周部を杭先端+1.0m程度まで掘削します。その後、クレーンまたは杭打ち機本体により既存杭を引き抜く工事です。

機材センター

機材センター
機材センター作業風景

機材センター 作業の様子
各施工部材は、自社機械センターにて製造・修理を行っています。



scroll-to-top